• カートに商品はありません。

ゼミド/GemiD通販 オーガニックスキンケアブランド

税込み3980円以上で送料無料
※一部地域除く

カートに商品はありません。
商品検索

エプソムソルトとは?効果は?使い方は?バスソルトとどう違うの?

ハリウッド女優やモデルに人気のエプソムソルト。名前は聞いたことあるけど、いったい何なのでしょうか?
バスソルトとの違い、エプソムソルトの効果、おすすめの使い方を、マインの小玉さんがまとめました!


エプソムソルトとは

エプソムソルトの成分は、塩では無く『硫酸マグネシウム』です。
塩分は含まず、無色・無臭なので浴槽を傷めず入浴後の後処理が簡単です。
名前の由来は、15世紀〜16世紀にイングランドの『エプソム』という場所で発見されたことから。
海水にも含まれているミネラル分を多く含んだ、硫酸塩とマグネシウムの化合物が結晶化した物を『エプソムソルト』と呼びます。
欧米では、古くから多くの家庭や海外セレブの方々に好んで使われてきた入浴料です。


にがりとは違うの?

にがりは「塩化マグネシウム」です。エプソムソルトは「硫酸マグネシウム」です。
「え、硫酸!?」と思われるかもしれませんが、食品添加物の一つで、よく入浴剤に使われる素材で危険性はありません。

エプソムソルトとバスソルトの違いは?

エプソムソルトは「デトックスと疲労回復」をメインに考えるとしたら、
バスソルトは「発汗作用から冷え改善」にお勧めです。
もちろん、バスソルトにもデトックスや疲労回復効果はありますが、追い炊きや風呂釜が気になる方は、エプソムソルトの方が試しやすいです。


エプソムソルトの効果は?

エプソムソルトは、腸の働きを活発にするので便秘の解消や美肌・リラックス効果など、嬉しい働きがあります。
代謝も上がり、痩せやすい体質を作ることができると言われています。

ストレスがたまると体内のマグネシウムがどんどん欠乏している状態になり、
さらにインスタント食品やファーストフード、添加物の入った食生活を続けていると
食事から摂取するマグネシウムも少なく、より体に負担がかかります。
エプソムソルトを入浴に使うことで、皮膚からもマグネシウムを補い、イライラの緩和や体調改善に繋がります。
体内のデトックスや疲労回復にお勧めできるので、美容目的だけでなく、仕事でやスポーツで疲れがたまっている方にもお勧めです。


エプソムソルトの使い方は?

エプソムソルトは、目安使用量より気持ち多めに入れるほうが効果を感じやすいです。
通常の浴槽のお湯の量に対してエプソムは0.1%を入れるのが通常の量とされています。一般的な浴槽が150−200リットルのため、150−200gを入れるとちょうどよいです。
米国エプソムソルト協議会によると0.2%まで入れると海中と同じ濃度になるため、300−400gまで入れるとさらに効果を実感します。
溶けやすい素材のため、大量に入れても溶け残りにくいです。

肌にまとわりつくような、まったりとしたお湯になるのが特徴で
化粧水に浸かっているような湯ざわりです。

入浴時間は短くても良く、 10分〜20分の入浴がベストです。

エプソムソルトは、塩分を含まないため、24時間風呂・循環風呂で使用でき、追い炊きも可能なので
ファミリーで使う方には嬉しい入浴アイテムです。

エプソムソルトが含まれたお湯で洗髪することもできますが、仕上げはシャワーでしっかり洗い流してください。
残り湯は洗濯で使うことができますが、すすぎは水道水でおこなってくださいね!


著者の小玉のお勧めの使い方は?

エプソムソルトを入れた湯船にアロマバスオイルを30mlほど入れて香り付けをすると、
アロマでのリラックス効果が高まり非常にお勧めです。
ゼミドのアロマバスオイルは白濁するタイプで、乳白色の湯船で視覚的にも癒され、相乗効果が抜群です。


私も小さな娘がわがまま全開で「まだお風呂に入らない!」と泣きわめくことが未だにあるのですが、
その時は「今日はなにいれようかな〜?」と言うと、娘も自分で入浴剤を選ぶ楽しみがあるようで
泣いてたのが?のようにお風呂に向かってくれます。
他にもバスソルトやバブルバスなど、お勧めの入浴アイテムがありますので徐々にお勧めしていきます。

エプソムバスソルトの検索結果


小玉

マイン 営業企画 小玉千明

福岡市内の外資系シティホテルの飲食部門を6年経験。 2012年よりマイングループのヒーリングスペースアバに入社し、 定期的に開催していた「ハーブセミナー」の講師を務める。 2015年からはゼミドのショップ勤務となり、全店舗のマネージャーも経験。 2020年にマイン統括本部に異動し、営業企画として奮闘中。入社後に結婚と2回の出産を経験する。 趣味は家庭菜園と園芸、旅行、集まり事が好き。最近の悩みは5歳の長女の食わず嫌い克服法。